読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年3月に読んだもの・まとめ

小説 漫画

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:3013ページ
ナイス数:79ナイス

誰にも探せない誰にも探せない感想
伝承+ミステリ(今回はどちらかというとサスペンスか)もの最新作。誰が最終的に味方なのか、途中では出てくる人たちみんな怪しく見えてしまうという(笑)伝説の村探しのロマンは普通だとクライマックスで見つけちゃうんだろうなあと思ったり。/武田の埋蔵金伝説ってのもあるのね。大河「真田丸」で初めて穴山梅雪を知ったのでえらくタイムリーだと思ってしまった。
読了日:3月1日 著者:大崎梢
これでおわりです。 (バンブーコミックス)これでおわりです。 (バンブーコミックス)感想
モノローグシリーズや同人誌での作風の延長上とも言えるショートストーリー連作。色々な終わりの話、ではあるけども、終わりが新しい始まりだったり、終わると見せかけてループだったりと変化をつけてて面白い。
読了日:3月4日 著者:小坂俊史
重要参考人探偵 2 (フラワーコミックスアルファ)重要参考人探偵 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
最初の発見死体、あれは父親だったのでは?と思わせておいてその後まだ真実は明かされてないんだよなあ。明かされる時は最終回だろうか。/単発回だけど「現場荒らすな」な回が一番リアルな気も。
読了日:3月4日 著者:絹田村子
暗殺教室 18 (ジャンプコミックス)暗殺教室 18 (ジャンプコミックス)感想
「作中の冬休み〜バレンタインの行事を急ぎ足だが全部済ます」という荒行の回(笑)最終決戦の前の最後の息抜きではあるんだよね。連載も今月で終了、単行本としては次巻で完結か。
読了日:3月6日 著者:松井優征
傘を持て (バンブーコミックス 麗人セレクション)傘を持て (バンブーコミックス 麗人セレクション)感想
ヤクザBL。ピュアなのかいかれてるのか分からない人々。「目上をやるのがポイント」ってのはまあシチュエーション的には分かるけども(笑)いやしかし描いてる本人がドン引きしてたという告白もあれだ(笑)
読了日:3月8日 著者:たうみまゆ
お迎えです。 第2巻 (白泉社文庫 た 7-2)お迎えです。 第2巻 (白泉社文庫 た 7-2)
読了日:3月15日 著者:田中メカ
お迎えです。 第3巻 (白泉社文庫 た 7-3)お迎えです。 第3巻 (白泉社文庫 た 7-3)
読了日:3月15日 著者:田中メカ
りふじんなふたり 1 (バンブーコミックス)りふじんなふたり 1 (バンブーコミックス)感想
表紙だけみると百合と誤解されそう(笑)この巻収録段階だとまだ「趣味の合う若い子」の正体わかってなかったか。
読了日:3月15日 著者:松田円
あしたは土曜日 秋・冬 (ゲッサン少年サンデーコミックス)あしたは土曜日 秋・冬 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
読了日:3月15日 著者:山本崇一朗
あしたは土曜日 春・夏 (ゲッサン少年サンデーコミックス)あしたは土曜日 春・夏 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
さりげなく高木さんやキョーコちゃんの世界とも繋がっている(まあこの三人、高木さんにも出演してますが)。あのトンネルって高木さんと西片くんが肝試ししたところだよね……
読了日:3月15日 著者:山本崇一朗
うわん 九九九番目の妖 (光文社文庫)うわん 九九九番目の妖 (光文社文庫)感想
んー、第一部完結という名の打ち切り?初出みると連載も途中で止まったみたいだし。太一とうわんの秘密自体は最初から設定してたんだとは思うけど。
読了日:3月19日 著者:小松エメル
朝まで待てません! 1 (花とゆめCOMICS)朝まで待てません! 1 (花とゆめCOMICS)感想
編集者をメインにすえた業界漫画。最近は競合誌で描いててもコミックスとか合わせますよね(同時発売だったり連続刊行だったり)、っていうのもあってライバルではあっても業界全体で協力してる面はあるんだろうな、と思うんだけど。しかしこの巻できれいにまとまってしまっているので、この先続けると普通の恋愛漫画になってしまいそう……
読了日:3月21日 著者:田中メカ
味噌汁でカンパイ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)味噌汁でカンパイ! 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
連載開始当初これいいなーと思ってたので、集中連載から正式連載(続行)になった時はうれしかったな。とりあえず味噌汁限定なので、そっちのほうの話はこれからどう広げていくか、それとも恋愛・家庭の事情のほうをメインにやっていくことになるかは気になるところ。
読了日:3月21日 著者:笹乃さい
信長の忍び外伝 尾張統一記 1 (ジェッツコミックス)信長の忍び外伝 尾張統一記 1 (ジェッツコミックス)感想
スピンオフというか前日譚なんだけど、ノリは基本同じ。甘党と下戸と帰蝶さまのボケは鉄板のネタ(笑)たぶん描かないけどこの信長があの犬千代と寝たのかと思うとそれはそれで(笑)
読了日:3月24日 著者:重野なおき
百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)感想
乳牛が搾乳回数を増やして生産量をアップする代わりに1、2回の出産で廃牛ってのはどっかに無理のあるシステムなんだろうなあ。/自分の家が遠足の目的地どころか見学コースになるのはさすがになあ……(^^;
読了日:3月25日 著者:荒川弘
アンと青春アンと青春感想
前作では働く楽しさ、知る楽しさを描いていたのに対して、今作ではそれにとどまらず働くことや人間関係の難しさ、働いて分かる自分の立ち位置なども描かれていて、それもまた一つの成長なんだなと思った。しかし乙女が嫉妬してる場面はニヤニヤ(笑)
読了日:3月29日 著者:坂木司
ゴーゴーダイナマイツ 2 (バンブーコミックス)ゴーゴーダイナマイツ 2 (バンブーコミックス)感想
母親には自分のことを理解してもらえないと思っている梨子、バレエをやめたことを申し訳なく思っている真乃、いじめられていた過去を引きずるかなえ、母親が帰ってこないのではないかと不安を抱える灰崎……チアリーディングという他の人を応援する立場になる子たちが、実は生きにくさを感じてきた子たちだった、というのがコメディタッチの裏で描かれている。だからこその応援、ということになるんだろうか。さじ加減の難しいテーマかもしれないけど、今後も楽しみ。
読了日:3月31日 著者:小池定路

読書メーター