読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年2月に読んだもの・まとめ

小説 漫画

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:3220ページ
ナイス数:145ナイス

白暮のクロニクル 7 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 7 (ビッグコミックス)感想
作中時間あと2ヶ月。竹之内と羊殺しとの関連を匂わせてヒキだけど、だとすると目的は何か?っていう話になるんだよね。政治とは無関係そうだし。
読了日:2月2日 著者:ゆうきまさみ
かわいいひと 2 (花とゆめコミックス)かわいいひと 2 (花とゆめコミックス)感想
花園くんと日和だけじゃなくて原っちもお兄さんもかわいいひと(笑)
読了日:2月2日 著者:斎藤けん
スキップ倶楽部(1) (ウィングス・コミックス)スキップ倶楽部(1) (ウィングス・コミックス)感想
「放課後よりみち委員会」同様日常系ファンタジー。正体晴らしは驚いたけどあれ性格も変わってるよね……「箱庭コスモス」ともちょっとリンクしてるのかな。
読了日:2月5日 著者:桑田乃梨子
昭和元禄落語心中(9) (KCx)昭和元禄落語心中(9) (KCx)感想
いつまでもついてまわってしまうみよ吉の亡霊。八雲も小夏も与太郎がいなかったらどうなってたんだろうなあと思いつつ。一方で芸人は「思うような芸が出来なくなったらどうしよう」という不安とは戦わざるを得ないのだろうな……
読了日:2月7日 著者:雲田はるこ
ふたがしら 6 (IKKI COMIX)ふたがしら 6 (IKKI COMIX)感想
まだIKKI掲載だったころのほうが多いのかな。周りが作りだした「鬼と仏」の役割。表紙の二人が別方向を向いてる、というのが象徴的か。それでも一味としてはなんとかやれてるのは夜坂からついてきた古参がいてくれたおかげか。
読了日:2月8日 著者:オノナツメ
海街diary 7 あの日の青空 (フラワーコミックス)海街diary 7 あの日の青空 (フラワーコミックス)感想
四姉妹それぞれが新しい道へ進もうとしている。これまでムードメーカーだったチカも重いものを背負おうとしているのね。しかし金にまつわる死の話は本当に重いが、佳乃が言った通りふと魔が差したとしか言いようがないのかもしれない。日常を積み上げていく話とこういう話が同居しているというのもある意味リアルな物語なのかも。
読了日:2月8日 著者:吉田秋生
はたらく魔王さま! (15) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (15) (電撃文庫)感想
8割方過去の経緯の説明回。しかしプロローグ部分で悲壮感出しておいてエピローグ部分で壮大などんでん返し(笑)いやーまあこれでこそ魔王さまだとは思うけど、梨香と一緒にツッコミたい(笑)
読了日:2月14日 著者:和ヶ原聡司
戦場のコックたち戦場のコックたち感想
このミス2位ということで気にはなっていたもの。主人公はコックだけどタイトルに若干偽りありというか、英語(特技兵たち、というニュアンス?)の方がより正確か。しかし「戦場での日常の謎」という触れ込みは本質はそこにはないなあという気がする。メインになってるのはどちらかというと「戦場のボーイズライフ」だし。最終章の始まりあたりの重い雰囲気からエピローグまでの流れは見事。しかしダンヒルの正体に気がつきつつもユダヤ人として彼を責めなかったエドがいてこそだったんだよねえという。
読了日:2月16日 著者:深緑野分
一緒にかえろう 1 (まんがタイムコミックス)一緒にかえろう 1 (まんがタイムコミックス)感想
電子版が出たので再読。返す返すも2巻出さずに打ち切りになったのが惜しまれる。せっかく電子版で再版という形をとるなら、未収録分(他誌にゲストで描いた分も含め)も収録して完全版として出して欲しかった。
読了日:2月18日 著者:矢直ちなみ
乙姫各駅散歩 1 (まんがタイムコミックス)乙姫各駅散歩 1 (まんがタイムコミックス)感想
電子版で再読。今見ると最初のころは絵柄が安定してないのもご愛嬌(笑)これといい、ヒタキあやかしゆきといい、異世界文化交流的な側面のある話はいいなと思う。
読了日:2月18日 著者:矢直ちなみ
男水! 4 (花とゆめコミックス)男水! 4 (花とゆめコミックス)感想
これまでは単なる部活ものだったけど競技中心になっていくのかな。主役陣が弱いのはちょっと意外だった……
読了日:2月19日 著者:木内たつや
なのは洋菓子店のいい仕事 3 (少年サンデーコミックス)なのは洋菓子店のいい仕事 3 (少年サンデーコミックス)感想
タイム←ほの香←セージ←かの香というほぼ一方通行(タイムとほの香は本当は一方通行じゃなかったのが後ほど明かされるけど、それでもタイムの目的は不明な部分多いし)。そして「セージ自身のお菓子作り」という新要素のためのキャラ・佐井の登場。ラブコメ部分とお菓子作り部分が交互に入る形に……といいつつ、そういう中にバカ話を挟むのは好きです(笑)
読了日:2月19日 著者:若木民喜
嘘解きレトリック 6 (花とゆめCOMICS)嘘解きレトリック 6 (花とゆめCOMICS)感想
探偵不在の推理ものという挑戦回。左右馬の過去・人間関係と史郎(仮)の正体・接点は?というところでヒキ。しばらく間が空いちゃうのか……
読了日:2月21日 著者:都戸利津
絶対可憐チルドレン 44 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 44 (少年サンデーコミックス)感想
悠理ちゃんの帰還というか合流。その前から内通者問題が浮上してくるんだけど、一番疑わしく描かれてた人、読み返してみたら「この時に仕込まれたっぽい」っていう描写あったんだな。/紳士扱いされる兵部(笑)まあ、もともと70歳以上差で薫追っかけとかやってたしなっていう。
読了日:2月23日 著者:椎名高志
tutti! 3 (少年サンデーコミックス)tutti! 3 (少年サンデーコミックス)感想
頼城にとっては音楽を楽しむということは必ずしも華々しく演奏することだけではない、ということに気付くまでの遠回りの物語。土井ほかの面子にとっては自分と外とをつなぐ手段でもあり。文化祭みたいな舞台でこういうことをやって締める、というのはおそらく決めてたはずなんだけど、(編集長交代による方針転換もあってか)最後が駆け足になってしまったのが返す返すも勿体ない。深池くんとか結局主役回ってこなかったしな……
読了日:2月23日 著者:片桐了
お迎えです。 第1巻 (白泉社文庫 た 7-1)お迎えです。 第1巻 (白泉社文庫 た 7-1)感想
タイトルだけ知ってて読んだことなかったもの。この手の死神くん的な物語は一定の需要があるというか普遍的なジャンルではあるな(方向性がちょっと違うが境界のRINNEもそうだし)。
読了日:2月25日 著者:田中メカ
だから美代子です 2 (バンブーコミックス)だから美代子です 2 (バンブーコミックス)感想
みんな楽しそうで何より。一応「春と秋について」「まい・ほーむ」は全部同じ世界という扱いになってるってことでいいのかしら。「まい・ほーむ」のお父さんは「春と秋について」にも出てたしな……
読了日:2月27日 著者:むんこ

読書メーター