読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年9月に読んだもの・まとめ

漫画 小説

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:3626ページ
ナイス数:104ナイス

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)感想
宝石に擬態してる虫とかゴーレム畑とかあると忘れがちだけど、ケルピーの話ではやっぱり危険な魔物なんだなあというのを再認識させてたりする。オークの美醜感覚の話はパタリロで44号の母親が出てくる話思い出した。
読了日:9月2日 著者:九井諒子
愛すべき娘たち (Jets comics)愛すべき娘たち (Jets comics)感想
電子版が出たので。いろんな女性の話、母親であり娘であり女であり。色々あっても母と娘という関係は変わらないしそこには好きも嫌いも両方あるんだろうな、と思う。
読了日:9月2日 著者:よしながふみ
政宗さまと景綱くん 1 (SPコミックス)政宗さまと景綱くん 1 (SPコミックス)感想
信長の忍びでもそうだけど、キャラのギャグで押していくところと歴史ものとして正統な部分で進めていくところのバランスがうまいと思う。東北では小大名の乱立状態だったのはどの大名も生き残るためのバランスゲームだったんだろうなあ。
読了日:9月3日 著者:重野なおき
アシさん 3 (フラワーコミックスアルファ)アシさん 3 (フラワーコミックスアルファ)感想
ギャグ挟みつつの頑張ってデビューできて、という成功の裏には先輩でありともにデビューを目指す同士でもあった長嶋さんの涙があるんだよなあ。でも長嶋さんが漫画を嫌いにならないでいてくれて良かった、と思う。
読了日:9月4日 著者:タアモ
のこのこ! (フラワーコミックスアルファスペシャル)のこのこ! (フラワーコミックスアルファスペシャル)感想
新聞掲載の家族4コマなので「ちはるさんの娘」よりかと思いきや、むしろ「ひとりで生きるモン!」に近かった気がする(^^;枠外のコメントが一々面白かった(笑)
読了日:9月6日 著者:西炯子
孔明のヨメ。 (5) (まんがタイムコミックス)孔明のヨメ。 (5) (まんがタイムコミックス)感想
今回は社日の準備がメイン、かついよいよ劉備が表に出てきたところ。情勢はたしかに整理が必要ですな(雑誌では無理だけど)。しかしこのままだと兄と敵対することになっちゃうの?
読了日:9月8日 著者:杜康潤
善人長屋 (新潮文庫)善人長屋 (新潮文庫)感想
「悪人がその技術を使って巨悪に苦しめられている人間を救う」というのも一つの類型なんだけど、よく出来てる。単にそれだけでは終わらず、最後で明かされる加助の人がいい理由が「人を疑うことの恐ろしさを知っているから」というのがいいな、と思った。
読了日:9月10日 著者:西條奈加
だから美代子です 1 (バンブーコミックス)だから美代子です 1 (バンブーコミックス)感想
若くして亡くなった夫(息子)の残したもの。むんこ作品はギャグで油断してるところに泣かせる部分を入れ込んでくるのが上手いと思う。/つっこんだらダメなのかもしれないけどこの家庭、収入どうなってるんでしょうね。義父母は年金があるとはいっても、美代子さんのパートは家計のためっていう感じでもないし。
読了日:9月10日 著者:むんこ
ゆあまいん (バンブーコミックス)ゆあまいん (バンブーコミックス)感想
高校生らしい手探り感のある恋愛模様。うまいな。舞が吉岡とつき合えるのは幼なじみだというのもあるけども、あのお父さんも含めて自分を受け入れてくれるからってのもあるんだろうな。あと回想シーンで舞に勉強を教えられるようになろうと思って頑張り出した吉岡もほほ笑ましい。
読了日:9月10日 著者:むんこ
はたらく魔王さま! (14) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (14) (電撃文庫)感想
番外編短編集。木崎さんの話は面白かったし恵美の苦労話もよかった。
読了日:9月11日 著者:和ヶ原聡司
中巌寺家の隠密 第1巻 (少年サンデーコミックス)中巌寺家の隠密 第1巻 (少年サンデーコミックス)感想
tutti!が好みだったので過去作品ということでチェックしてみた。こっちは今のところコメディなんでちょっとベクトルが違うか。
読了日:9月14日 著者:片桐了
烏金 (光文社時代小説文庫)烏金 (光文社時代小説文庫)感想
江戸時代の金貸しってこういう仕組みになってたのか。闇金グループみたいなことをするのはいつの世にもいたんだろうなあ。一方で当時は月末払いでその日乗り越えたら返済先延ばし、みたいな話も聞いたことあるんで借金がどれだけあるか分からないってのも今より多かったのかも。金は人を殺すが助けもする、という点でよくまとまってたと思う。
読了日:9月20日 著者:西條奈加
娘の家出 3 (ヤングジャンプコミックス)娘の家出 3 (ヤングジャンプコミックス)感想
一応恋愛がメインになる回が多いけど、先生の話なんかは恋愛とは別に現代ならではの話になってたな。たしかに人物相関図要りますね。
読了日:9月20日 著者:志村貴子
嘘解きレトリック 5 (花とゆめCOMICS)嘘解きレトリック 5 (花とゆめCOMICS)感想
鹿乃子のお母さんとの話はやっぱり良かったな。そして今後ライバル的なポジションになりそうな男の登場。これからは「左右馬編」になるらしいのだが、「本当のことが伝わらなくて悔しい思いをした」というエピソードもいよいよ明かされることになるのか……
読了日:9月21日 著者:都戸利津
絶対可憐チルドレン 43 (少年サンデーコミックス)絶対可憐チルドレン 43 (少年サンデーコミックス)感想
ミスの証拠隠滅をはかろうとする兵部の回がメインなわけですが、残留思念の京介の申し訳なさそうなところが基本同一人物だけに気の毒な(笑)しかし高校生編に入ってからというもの影チルが損な役回りになっていてこれもまた気の毒……
読了日:9月22日 著者:椎名高志
ACCA13区監察課(4) (ビッグガンガンコミックススーパー)ACCA13区監察課(4) (ビッグガンガンコミックススーパー)感想
仕事としての視察のついでにクーデター情報を収集するだけのはずが、本人の知らないうちにクーデターの重要人物になっていた、というだけならよくあるサスペンス要素だろうにさらにそこに一ひねりしてきた。これは正体バレたら狙われるほう?しかしこの秘密、知っているのはいったいどのあたりまでなのか。クーデターの真の首謀者もあの人ではない可能性も残ってるなあ。
読了日:9月25日 著者:オノ・ナツメ
ハチ参る 壱(PETシリーズ 431) (ダイトコミックス)ハチ参る 壱(PETシリーズ 431) (ダイトコミックス)感想
犬に代参、というと漫画敵な設定にも思えますが実際にいたらしいですな。そしていつもの遠藤節。 しかしファンとしてもこの薄さでこの値段?とは思った(^^;
読了日:9月26日 著者:遠藤淑子
中巌寺家の隠密 第2巻 (少年サンデーコミックス)中巌寺家の隠密 第2巻 (少年サンデーコミックス)
読了日:9月26日 著者:片桐了
中巌寺家の隠密 第3巻 (少年サンデーコミックス)中巌寺家の隠密 第3巻 (少年サンデーコミックス)感想
当初の忍者コメディっぽい路線からハード路線(ギャグもあるけど)へ。きれいにはまとめたな。薬絡みの話、今まで血から治療薬が出来ると考えた人はいなかったのかしら、ってのはツッコんではいけないのだろうな(^^;
読了日:9月26日 著者:片桐了
晴れのちシンデレラ 8 (バンブーコミックス)晴れのちシンデレラ 8 (バンブーコミックス)感想
今回の一番はやっぱり昔の友達との再会の回かなあ。再登場はあるのかしら。
読了日:9月28日 著者:宮成楽
白暮のクロニクル 6 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 6 (ビッグコミックス)感想
ついに魁とあかりが互いの因縁を知ってしまうという重要な回。そして新たな重要人物の登場。とはいえこれで一気に話が進むというわけでもなく、作中の12月まではゆっくりと進んでいくんだろうな。
読了日:9月29日 著者:ゆうきまさみ

読書メーター

21冊……思ってたより少なかったのかな。新作だけじゃなく気になってた既刊もあり。