読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年10月のチェックリスト

日付 タイトル 作者
5 夏目友人帳(21) 緑川ゆき
5 そこをなんとか(12) 麻生みこと
7 VSルパン(3) さいとうちほ
12 からかい上手の高木さん(4) 山本崇一朗
12 しまなみ誰そ彼(2) 鎌谷悠希
12 弟の夫(3) 田亀源五郎
13 逃げるは恥だが役に立つ(8) 海野つなみ
13 放課後カルテ(12) 日生マユ
17 ましろのおと(16) 羅川真里茂
17 かくしごと(2) 久米田康治
18 なのは洋菓子店のいい仕事(6) 若木民喜

小説タグつけてるけど小説なかった(^^;

2016年8月に読んだもの・まとめ

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4011ページ
ナイス数:74ナイス

トクサツガガガ 7 (ビッグコミックス)トクサツガガガ 7 (ビッグコミックス)感想
相変わらず「見立て」が上手いなあと思う。あと愛情はかけた金額とは関係ないってのは大事よね。/しかし毒濁刀は今後起きる母との激突の伏線だよねえ……
読了日:8月1日 著者:丹羽庭
王国の子(7) (KCx)王国の子(7) (KCx)感想
ジェインの死をもって生かされたロバートとエリザベス。二人の関係がまた新しい局面となる一方でメアリはいよいよ結婚へ。夫は夫で「忍耐するのが仕事」と覚悟を決めているのだな。
読了日:8月5日 著者:びっけ
金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)感想
岩本ナオ版おとぎ話。荒廃する国同士の長年の対立を収束させたカップルのお話ではあるんだけど、そこに至るまでに王女やムーンライトといった協力者の存在なしには成り立たなかった和平でもあり。独特のセンスというか見せ方だなと思ったのが脇役やモブの台詞。「族長それ全部少年ですから」「男と女じゃポッチャリの定義が違う」「QPS48?みんなムーンライトPの愛人だけどな!」とか随所で笑いをとっている(笑)
読了日:8月6日 著者:岩本ナオ
赤髪の白雪姫 16 (花とゆめコミックス)赤髪の白雪姫 16 (花とゆめコミックス)感想
リリアスサイドは一旦終わり、今度はゼンサイドへ。こっちは木々をダシにした陰謀に巻き込まれる展開か。しかしリュウ坊、急に身長伸びすぎ(笑)
読了日:8月6日 著者:あきづき空太
重要参考人探偵 3 (フラワーコミックスアルファ)重要参考人探偵 3 (フラワーコミックスアルファ)感想
「最初の遺体発見」がずっと伏線になってるんだけどその意味が明らかにされるのはラスト付近になるんだろうなあ。
読了日:8月7日 著者:絹田村子
孔明のヨメ。(6) (まんがタイムコミックス)孔明のヨメ。(6) (まんがタイムコミックス)感想
今回はどちらかというと玄徳&徐兄メイン。まあいい母親と先生と友人に恵まれたんだなあと思う。
読了日:8月8日 著者:杜康潤
はむ・はたる (光文社時代小説文庫)はむ・はたる (光文社時代小説文庫)感想
そうとは知らず読み始めたんだけど「烏金」の続編というかスピンオフ作品だったのね。事件解決の連作部分と柾の仇討ちと、というところでタイトルの「運命の人」はそう来たか。お吟さんはもうちょっと出番欲しかったかなー。
読了日:8月9日 著者:西條奈加
なのは洋菓子店のいい仕事 5 (少年サンデーコミックス)なのは洋菓子店のいい仕事 5 (少年サンデーコミックス)感想
セージが本格的に菓子作りの道へ進むという方向が強化され、さらにタイムの思惑と祖父との確執?という要素が。残された時間が少ないのは分かるが、ほんとの目的は何なのか。しかし問題のレシピがここで埋められてたってのは完全に見落としてたわ。恋愛方面は進んでいるように見えて実は進んでない……
読了日:8月13日 著者:若木民喜
ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)感想
基本的に水のエリアの魔物相手がメインではあるんだが、「精霊食べる」は緊急事態とはいえ新たな発想だな。そして自給自足は装備まで。
読了日:8月13日 著者:九井諒子
味噌汁でカンパイ! 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)味噌汁でカンパイ! 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
味噌汁に絞った家庭料理漫画、短期連載から長期連載でネタのほう大丈夫?とは思ってたけど結構色々な具材があるもので。/可愛らしいカップルなんだけど八重のほうにはまだ自覚がないようなあるような。善パパ、善の母親のこと何か隠してるっぽいんだけど最終回までには明かされるんですかね。
読了日:8月14日 著者:笹乃さい
LES MISERABLES 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)LES MISERABLES 8 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)感想
ついに完結。ジャヴェル、マリウス、ジャン・ヴァルジャンのそれぞれの苦悩。そしてジャン・ヴァルジャンの救い。司教との約束との象徴である銀の燭台が表紙を含め効果的に使われてましたなあ。/しかしテナルディエは最後までテナルディエだったという……/長大な物語からこれでも一部抜粋ではあるんだろうけど、8巻で全33話って月刊誌とはいえすごい密度なんだなあと再確認。
読了日:8月14日 著者:新井隆広,ヴィクトル・ユーゴー,豊島与志雄
放課後スプリング・トレイン (創元推理文庫)放課後スプリング・トレイン (創元推理文庫)感想
恋愛要素ありなのかと思ったらそうでもなく、むしろ主人公があれこれ(謎だけでなく、高校生として考えないといけないようなことも)考える話の方がメイン。主人公は謎解き係ではないせいか、叙述トリック的なエピソードもあったりしてそのあたりは変化球ともいえるか。
読了日:8月15日 著者:吉野泉
(P[あ]1-13)The MANZAI 上: つきおうてくれ (ポプラ文庫ピュアフル)(P[あ]1-13)The MANZAI 上: つきおうてくれ (ポプラ文庫ピュアフル)
読了日:8月25日 著者:あさのあつこ
(P[あ]1-14)The MANZAI 中: めっちゃ愛してる (ポプラ文庫ピュアフル)(P[あ]1-14)The MANZAI 中: めっちゃ愛してる (ポプラ文庫ピュアフル)
読了日:8月25日 著者:あさのあつこ
(P[あ]1-15)The MANZAI 下: おまえだけやねん (ポプラ文庫ピュアフル)(P[あ]1-15)The MANZAI 下: おまえだけやねん (ポプラ文庫ピュアフル)感想
新装版が電子化されたので一気読み。流れに引きずられつつもそのことに救われてる、というところがいいな。しかしラストでいきなりはしご外された感も無くはなく……せめてラストシーンで再開させて欲しかったなあ。
読了日:8月25日 著者:あさのあつこ
はじめてのひと 1 (マーガレットコミックス)はじめてのひと 1 (マーガレットコミックス)感想
谷川史子らしいオムニバス。
読了日:8月26日 著者:谷川史子
晴れのちシンデレラ 9 (バンブーコミックス)晴れのちシンデレラ 9 (バンブーコミックス)
読了日:8月27日 著者:宮成楽
いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記) (創元推理文庫)いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記) (創元推理文庫)感想
短編連作日常の謎……と思ってたらなんと思い切り長編サスペンスだった。びっくりしたわ。しかも本筋が贖罪や負の連鎖に関することだけに重い。でも解説にもあったけど非日常の世界に放り込まれた人たちが日常を取り戻すまでの話でありそこで大事なのは日常の感覚なんだな。
読了日:8月29日 著者:西條奈加

読書メーター

2016年9月のチェックリスト

日付 タイトル 作者
5 かげきしょうじょ!!(2) 斉木久美子
7 ゆらゆら薬局プラリネ(3) 松田円
7 昭和元禄落語心中(10) 雲田はるこ
9 初恋の世界(1) 西烔子
9 たーたん(1) 西烔子
9 ねこたん。(3) 大橋つよし
10 はたらく魔王さま!0-II 和ヶ原聡司
12 ふたがしら(7) オノ・ナツメ
16 娘の家出(5) 志村貴子
29 信長の忍び(10) 重野なおき
30 トクサツガガガ(8) 丹羽庭

はて発売日通り買うのは一体何冊か(^^;

2016年7月に読んだもの・まとめ

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2791ページ
ナイス数:47ナイス

さくら聖・咲く: 佐倉聖の事件簿 (新潮文庫)さくら聖・咲く: 佐倉聖の事件簿 (新潮文庫)感想
一応は就職活動を話の筋にはしてるんだけど前作同様政治家がらみの謎解き連作。コネ嫌だといいつつ結局コネ採用を受け入れさせられたのは……続編作れるようにしておいた、ってことなんでしょうかね。前島さんはどう考えても大堂のお守りを押し付ける気まんまん(笑)次回作があるなら社長(会長?)秘書編ってことになるのかね。
読了日:7月3日 著者:畠中恵
暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)暗殺教室 21 (ジャンプコミックス)感想
エピローグと番外編。殺せんせーが生徒によって殺されるという結末の意味を考えながらの連載だったんだろうな。寂しいけど希望のエンド。理不尽なこともある世の中でどう生き抜いていくか、必ずしも正面から戦う必要なし、生き抜くことが大事、ってのはジャンプらしくはないかもしれないけど一つの大事な考え方だなあと思う。お疲れさまでした。
読了日:7月4日 著者:松井優征
王の厨房 (新潮文庫nex)王の厨房 (新潮文庫nex)感想
エピソード0のこのシリーズ、どのあたりまで書くつもりなんだろうなあ。料理人僕僕が後には神仙同性の戦いで最強の戦士になってしまうという未来がわかってるけど、そこまで書くのか書かないのか。拠比と王弁は繋がるのかってのも気にはなるけど。
読了日:7月9日 著者:仁木英之
ひとりぼっちの地球侵略 10 (ゲッサン少年サンデーコミックス)ひとりぼっちの地球侵略 10 (ゲッサン少年サンデーコミックス)感想
最終決戦へのカウントダウン。ゾキ戦の鍵を握るのはマーヤと凪。どちらも「自分への絶望と手に入らないものに対する嫉妬」というのがベースにありつつ、凪は岬一、マーヤは凪が救いになっているという哀しさと希望。この後では緊迫した話が続いてるけど、この二人が救われないと真のエンディングにはたどり着けないんだ、ってのを強く印象づけてる。
読了日:7月13日 著者:小川麻衣子
(P[こ]3-9)一鬼夜行 鬼の福招き (ポプラ文庫ピュアフル)(P[こ]3-9)一鬼夜行 鬼の福招き (ポプラ文庫ピュアフル)感想
第二部ということで妖怪の相談所形式に。この手のジャンルは最近多いな(「神様の御用人」が当たったからか?)とも思うけど。喜蔵と綾子の話が進むかというとそうでもなく、新シリーズ開始ということでキャラクターの復習的な面も強かったかも。
読了日:7月18日 著者:小松エメル
ねじの人々 2 (裏少年サンデーコミックス)ねじの人々 2 (裏少年サンデーコミックス)感想
初期にあった哲学の紹介というイメージから一歩進んで、哲学は人付き合いや社会生活と地続きだという観点を重視した話の進め方。SMAP記者会見パロディやねじを不要なものだとする風紀委員長というのが現代社会を映しているのが考えさせられるところ。これは佳作として一読を勧めるべきほんになりそう。あと1巻で完結ということだけど、作者がどういう考えにたどり着くのか気になる。
読了日:7月18日 著者:若木民喜
月影ベイベ 7 (フラワーコミックスアルファ)月影ベイベ 7 (フラワーコミックスアルファ)感想
円をはじめ繭子を知っている大人は皆蛍子ではなく繭子をみているのではないか、という悩み。だからこそ繭子を知らず蛍子しか見てなかった光の言葉が響くんだろうなと。
読了日:7月19日 著者:小玉ユキ
レディ&オールドマン 1 (ヤングジャンプコミックス)レディ&オールドマン 1 (ヤングジャンプコミックス)感想
今回はシェリーとロブの出会い、コンビの運び屋としての初仕事ということでこれからの物語の序章、といったところ。不老不死の秘密や弟の行方をからめつつ、運び屋での人助けものになるかな。今後が楽しみ。
読了日:7月19日 著者:オノ・ナツメ
男水! 5 (花とゆめCOMICS)男水! 5 (花とゆめCOMICS)
読了日:7月21日 著者:木内たつや
世界が終わる前に BISビブリオバトル部世界が終わる前に BISビブリオバトル部感想
ミステリー仕立ての今回、プロローグが叙述トリックだったり「毒入りチョコレート事件」(個人的には「愚者のエンドロール」)よろしく推理しあったあげくにこっそり真相(かもしれないもの)にたどり着いた人がいたりとなかなかユニークな展開。それでいて「自分を守るための鎧としてのキャラ作り」とか「オタク女子でありながらカースト下位にならないための見栄としての彼氏持ち」とかまあまさに青春小説(告白シーンも)!こういうのもシリーズ重ねていったから書ける話でもあるんだよなあ。
読了日:7月23日 著者:山本弘
なごみクラブ 7 (バンブーコミックス)なごみクラブ 7 (バンブーコミックス)感想
相変わらず笑わせたりしんみりさせたり。幸運を引き寄せようとして絵の中の虹を見ようとした話とか、フジツボの歌姫の話とかいいですね。
読了日:7月28日 著者:遠藤淑子
天国ニョーボ 2 (ビッグコミックス)天国ニョーボ 2 (ビッグコミックス)感想
ガン闘病記、というよりはガン治療法ジプシーになりかけた話といったほうがいいのかも。まあ態度一つでも「この医者(の進める治療法)で大丈夫かな」って思っちゃう気持ちもわかるしなあ。
読了日:7月29日 著者:須賀原洋行
わさんぼん (2) (まんがタイムコミックス)わさんぼん (2) (まんがタイムコミックス)
読了日:7月29日 著者:佐藤両々
わさんぼん (3) (まんがタイムコミックス)わさんぼん (3) (まんがタイムコミックス)
読了日:7月29日 著者:佐藤両々
わさんぼん (4) (まんがタイムコミックス)わさんぼん (4) (まんがタイムコミックス)感想
電子版の続刊が出たので2巻〜4巻をほぼ一気読み。4コマなんでコメディ風味ではあるし恋愛も絡むんだけどそれぞれの職人としての成長を目指す姿が好感度高し。
読了日:7月29日 著者:佐藤両々

読書メーター

2016年8月のチェックリスト

日付 タイトル 作者
5 赤髪の白雪姫(16) あきづき空太
5 王国の子(7) びっけ
6 孔明のヨメ。(6) 杜康潤
17 プレイバウ! ナナっちとさんぽした、だいだい5000日。 遠藤淑子
18 絶対可憐チルドレン(46) 椎名高志
18 BIRDMEN(8) 田辺イエロウ
20 いつもが消えた日 お蔦さんの神楽坂日記 西條奈加
25 マリーマリーマリー(4) 勝田文
25 ひとりぼっちの吹奏楽部(仮) 初野晴
25 神様の御用人(6) 浅葉なつ
27 晴れのちシンデレラ(9) 宮成樂
30 白暮のクロニクル(9) ゆうきまさみ

ラストナナっち本、竹書房とはいえエッセイ系だと配信遅れることあるんでちょっと心配。
あとハルチカ番外編は発表から長かったですね……

2016年6月に読んだもの・まとめ

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:3123ページ
ナイス数:86ナイス

野田ともうします。(7)<完> (ワイドKC Kiss)野田ともうします。(7)<完> (ワイドKC Kiss)感想
唐突な終わり方だったなあ(^^;
読了日:6月2日 著者:柘植文
魔法使いの娘ニ非ズ (6) (ウィングス・コミックス)魔法使いの娘ニ非ズ (6) (ウィングス・コミックス)感想
現代の怖い話、兵吾の過去話、代々続く呪い(をとんちでだまくらかす)の話とバリエーションには結構富んでるな。収録順が掲載順でないのは何か意味があったのかしら。
読了日:6月3日 著者:那州雪絵
まどいのよそじー惑いの四十路ー (ビッグコミックススペシャル)まどいのよそじー惑いの四十路ー (ビッグコミックススペシャル)感想
やっと電子版が出て読めた。同じ「40歳」といっても悩みの幅がかなり広いのはまあそうだろうねというかそれだけたどってきた道の幅が広いってことでもあるだろうな。/実際の発表順とは順序を入れ替えてるのはなぜだろう。
読了日:6月6日 著者:小坂俊史
お迎えです。 6 (花とゆめコミックス)お迎えです。 6 (花とゆめコミックス)感想
ドラマにあわせた続編ということで白泉社には珍しく電子版も同時配信。決着付かず(つけず)なのでほんとのサイドストーリー。
読了日:6月6日 著者:田中メカ
暗殺教室 20 (ジャンプコミックス)暗殺教室 20 (ジャンプコミックス)感想
完結……のつもりで読んでたらエピローグ部分は次巻に持ち越しだった(^^;こういう結末以外はありえない、哀しいハッピーエンド。
読了日:6月7日 著者:松井優征
極彩の家 (1) (ウィングス・コミックス)極彩の家 (1) (ウィングス・コミックス)感想
BLのようなそうでないような(無性とは言ってるけど)。元々いた子供たちにとっては閉じ込められた世界でも、烏羽にとっては外の世界というのも舞台としては面白いかと。
読了日:6月7日 著者:びっけ
大正四葉セレナーデ 2 完結 (バンブーコミックス)大正四葉セレナーデ 2 完結 (バンブーコミックス)感想
最終的には小夜子本人の話にも戻ったけど、どっちかというと静子さまとか玉子と栄吉の強さのほうがメインで描かれたなあという印象。「あれはよほど肝が据わっている」という静子さま評好き。
読了日:6月9日 著者:香日ゆら
せんせいになれません 10 (バンブーコミックス)せんせいになれません 10 (バンブーコミックス)感想
9巻で完結予告されてたのに……と思ってたらページ数の計算間違いであと1巻分描くことになった、って(^^;最終回はもう考えてあるのかね。
読了日:6月10日 著者:小坂俊史
応天の門 5 (BUNCH COMICS)応天の門 5 (BUNCH COMICS)感想
藤原の陰謀を潰すのに力を貸してしまったがために後々追われる展開になるっていう伏線なのかなあ。たぶんそういう歳までは描かないだろうという気もするが。
読了日:6月10日 著者:灰原薬
逃げるは恥だが役に立つ(7) (KC KISS)逃げるは恥だが役に立つ(7) (KC KISS)感想
しばらく脇に追いやられてた感もあるけどこのお話はそもそもが「仕事」について考える物語だったんだよな、というのを再認識。仕事の工夫で楽しくなる→仕事が上手くいく、という好循環は是非欲しい。/百合ちゃんは思わず泣いちゃったけどロールモデルになってもいいんじゃないか、っていう考え方そのものは前向きだと思う。/ドラマ化はやっと話がきたかと思いつつ、「契約結婚」みたいな一部だけ切り取られたらやだなーとちょっと心配。
読了日:6月13日 著者:海野つなみ
はたらく魔王さま! (16) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (16) (電撃文庫)感想
今回、メイン二人がほぼ蚊帳の外。「普通の女子高生」最強伝説にまた一つエピソードが。/族長のお婆さんの方が長命種族よりも世界を知っている……というのはなかなか面白い視点だと思った。単なる寿命の問題ではないだろうけど。/バレンタインはメインになりそうでならなかった感がある。/カミーオって地球に来た時はいつもピンチになってない?
読了日:6月15日 著者:和ヶ原聡司
けいさつのおにーさん (2) (まんがタイムコミックス)けいさつのおにーさん (2) (まんがタイムコミックス)感想
相変わらず穂苅君も手塚さんも可愛い。こんな42歳いないよ!(笑)
読了日:6月16日 著者:からけみ
それだけでうれしい (まんがタイムコミックス)それだけでうれしい (まんがタイムコミックス)感想
電子版が出たので再読。こういうストーリーものまた描いてくれないかなあ。
読了日:6月16日 著者:松田円
かくしごと(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)かくしごと(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)感想
主人公=作者本人ではないとはいえ実体験に基づく、他の漫画家漫画とは一線を画すというか経験を踏んでないと描けないお話。藤田さんはネタになりますね(笑)/しかしカラーページ、「物語終了後」というか「主人公がいなくなった後」という雰囲気を漂わせていて、数年の間に一体何が……?ってのは描き下ろしだけで進んでいくんでしょうか。
読了日:6月17日 著者:久米田康治
こども・おとな (ヤングジャンプコミックス)こども・おとな (ヤングジャンプコミックス)感想
昭和の時代の田舎町の子供と周りの関係。後書きでは数年前に構想があったことが明かされてたけど(そして実体験も反映されている雰囲気)、今はこういうの簡単には描かせてもらえないのかなーと思ったりもする。
読了日:6月18日 著者:福島鉄平
BISビブリオバトル部1 翼を持つ少女〈上〉 (創元SF文庫)BISビブリオバトル部1 翼を持つ少女〈上〉 (創元SF文庫)
読了日:6月23日 著者:山本弘
BISビブリオバトル部1 翼を持つ少女〈下〉 (創元SF文庫)BISビブリオバトル部1 翼を持つ少女〈下〉 (創元SF文庫)感想
面白くて読みやすくて上下巻一気読み。生きづらさを感じてた人が好きなものを語れる、それに対してポジティブな反応があるという場を見つけることで一方踏み出したという救いと成長の物語である一方でエンターテインメント性も十分。「フィクションだからこそ書けるリアルな世界」という観点もいいし、悪者を懲らしめる、という点で盛り上がった生徒達を後から先生がガツンと説教するのもいいですな。いやこれは当たりだほんと。
読了日:6月23日 著者:山本弘
幽霊なんて怖くない BISビブリオバトル部幽霊なんて怖くない BISビブリオバトル部感想
今回のお題は「恐怖」と「戦争」。前半は合宿とかガールズトークとかで前作よりもラノベよりかな?と思ったけど後半は戦争関連本がテーマなんで逆に重めにならざるを得ず。でもこういうきっかけで少年少女に考えさせるというのは面白い切り口かも。しかし「幽霊がいないことが怖い」という逆説が一番インパクトあったわ。
読了日:6月30日 著者:山本弘

読書メーター
BISビブリオバトル部は気になってはいたんだけど読んで正解だったわ。

2016年7月のチェックリスト

日付 タイトル 作者
4 暗殺教室(21) 松井優征
8 金の国 水の国 岩本ナオ
8 重要参考人探偵(3) 絹田村子
一鬼夜行 鬼の福招き 小松エメル
12 味噌汁でカンパイ!(2) 笹乃さい
12 LES MISERABLES(8) 新井隆広
15 なのは洋菓子店のいい仕事(5) 若木民喜
15 ねじの人々(2) 若木民喜
20 男水!(5) 木内たつや
20 超嗅覚探偵NEZ(3) 那州雪絵
27 なごみクラブ(7) 遠藤淑子

一鬼夜行再開は楽しみ。